1. ホーム
  2. 出会い系体験談
  3. ≫【2019年最新版】私は処女を捨てたくて出会い系で募集して相手を探しました【体験談】

【2019年最新版】私は処女を捨てたくて出会い系で募集して相手を探しました【体験談】

19歳学生です。彼氏はいません。というか付き合った事もないんです
エッチな漫画とかはよくみてて、すごく気持ちよさそうだけど、現実にはあんまり出会いとかなくて、自分から男の人に話しかけたりするのも苦手だった。
そんな私が出会い系を利用したのは、エッチを経験してみたかったから。

ずっと女子校だったせいかすごく緊張しちゃって、まともに会話できないの。
だから
「女子校育ちで男性と上手く話せません。経験豊富で、あまり痛くなく初体験させてくれる男性を探しています」
って書き込んだら、すっごくたくさんメッセージが届いた。

一応全部みたけど、すごく遠い所の人からとか、53歳とかの人からもきてて、もうちょっと条件を限定するんだったと反省した。

とりあえず、よさそうな人と何回かメールをして、写メを送ってもらったんだけど、初体験の相手にはちょっと・・・って感じだったので、もう一度もっとくわしく条件をつけて、書き込んでみた。

避妊をちゃんとしてくれる。
同じ県内に住んでいる。
独身で年の差プラスマイナス5歳以内。
太ってなくて、たばこを吸っていない。
なるべく痛くないように、初体験させてくれる。

やたら注文をつけたおかげで、最初よりはかなり減ったけど、それでもたくさんメッセージがきた。
中には、私の出した条件に当てはまってない人からもきていて、ちょっとムッとした。

でも、今回はこの人ならっていう人をみつけられて、写メも交換して、待ち合わせまでたどりついた。

写メ通りやさしそうで整った顔をしているテルさんは、たくさん話しかけてくれて、私の緊張をほぐそうとしてくれた。
いっしょにごはんを食べて、テルさんの車に乗ったところで、

「どうする?帰りたいなら送っていくし、俺でいいなら、ラブホテルに行くよ?今日はやっぱり怖いなら、また今度でもいいし。」
もしかしたら、実は怖い人で、犯されて山奥に捨てられたらどうしようなんて心配していた私は、テルさんの余裕のある態度にほっとした。

「・・・帰りたくないです・・・」

ラブホテルに行きたいとはいえなくて、やっと答えた私の頭をテルさんはやさしくなでてくれた。

「じゃ、ラブホテルに行こうか。怖くなったら、いつでも止めるから、遠慮なくいうんだよ?」

私の胸はテルさんにきこえちゃうんじゃないかってくらいばくばくいってて、緊張と期待でどうにかなりそう。

「シ、シャワー浴びた方がいいですか?」
ラブホテルのドアがしまったとたん、テンパってしまって、ヘンなことを口走った私をテルさんは、やさしく抱きしめて、

「あとでいっしょに入ろ?キスしていい?」

といいながら、唇をゆっくり近づけてきた。
私は目を閉じて、テルさんの唇が近づいてくるのをわくわくしながら待った。
やわらかな唇が私の唇にふれて、歯の隙間から舌が入ってきた。

上の歯茎の裏とか、舌の裏の付け根の方とかをテルさんの舌でくすぐられると、ぞくぞくする。
私の体は力が抜けてしまって、気がついたら、ベットの上に横たわっていた。
だんだん服を脱がされていって、ブラジャーもはずされて、おっぱいもみられてしまう。

私はおっぱいの大きさはけっこう大きいんだけど、乳首がピンクじゃないのがコンプレックスなんだよね。

「おっぱいかわいいね。もう乳首がたってる・・・。」
テルさんはまるで赤ちゃんみたいに、ちゅうちゅう乳首を吸っていてかわいい。
乳首を舌で舐められると、すごく気持ちよくて、乳首ってこんなにいいんだってはじめて知った。
オナニーするときは乳首ってさわったことなかったのに。

キスとおっぱいへの愛撫でかなり感じちゃってた私のおまんこは、とってもぬれぬれだったみたいで、テルさんがパンティをおろすと、つぅって糸を引いちゃった。

「やだやだ・・・恥ずかしいよ~。」

足をやさしく開かれて、大きくなってからは誰にもみせたことのないおまんこを男の人にみられるのは、とても恥ずかしかった。

「萌美ちゃんのおまんこは、すごくきれいだねえ。鮮やかなピンク色だ。」

テルさんが感心したようにほめてくれたので、私はほっとした。

「本当に?気持ち悪くない?」

鏡を使って自分で自分のおまんこをはじめてみたときには、あまりのグロさにショックだったくらいなのに。
「なんで?ステキなおまんこだよ。もうこんなにぐちゅぐちゅだし。」

テルさんは笑いながら、私のおまんこのワレメをぺろんと舐めた。

「ひゃ・・・汚い・・・病気になっちゃうよ。」

おしっこしたあと、シャワーを浴びてないのに、舌でこんなに舐められるなんて信じられない。
テルさんはおいしい食べ物でも食べるように、熱心に私のおまんこを舐めていて、たまに指でワレメをなぞったり、クリトリスをいたずらしたり、私のおまんこを念入りにこね回した。

「じゃあ、そろそろちんぽを入れる準備をするから、痛かったらいってね。」

テルさんは愛液まみれになった指を私にしゃぶらせてぬらしたあと、ゆっくりと膣口に入れていった。
ちょっと痛いかなと思っても、その痛みは長くは続かなくて、すぐに気持ちよくなってきた。

「萌美ちゃん、大丈夫?痛いとかちゃんといってね。」
「はい・・・あっ。」
「痛いの?」

テルさんは慎重に動かしていた指を止めて、心配そうに私の顔をみていて、

「ううん・・・気持ちよかったの・・・」
というと、ほっとしたようににっこりと笑ってくれた。

「我慢しないで声出すと、もっと気持ちよくなれるよ。」
クリトリスを舌で舐めながら、ゆっくりじっくり指でおまんこをゆるめてくれたテルさんに、何度も何度もイかされて、もうわけがわからなくなった頃、テルさんが私の顔をのぞきこんで、

「もうちんぽ・・・入れてもいいかな?」
ときいた。

「いいです・・・入れてください」

イきすぎて動くのもダルくなった私が小声で答えると、テルさんはぬれて光っているちんぽにコンドームをつけはじめた。
男の人もぬれるんだ・・・ていうか、あんなおっきなのが本当に私のおまんこに入るのかな・・・。
どきどきしながらテルさんのちんぽをみつめていると、コンドームを付け終わったテルさんが私の膣口にちんぽをあてがった。

「ゆっくり入れるから、なるべくリラックスしてね。痛かったら、我慢しないで教えて?」
ぐぐ・・・とおまんこにちんぽが入ってくると、ムリヤリこじ開けられるような痛みを感じた。
でも、我慢できないほどじゃない。

「だ、大丈夫?」

テルさんもかなりつらそうだ。

「は、はい・・・」
目をぎゅっと閉じて、できるだけ力を抜こうとするけど、上手くいかない。
テルさんが乳首を指でさわってくれたり、クリトリスをこすってくれたので、やっとおまんこがゆるんだ。
ぐうっとさらにちんぽが入ってきて、ずずっと奥へと押し進められる。
おまんこが裂けちゃうんじゃないかと思うくらいはちきれそうで、私は怖くなった。

「キツ・・・」

テルさんが入れるのを中断して、キスしてくれたので、私は少しリラックスできた。
いっぱいだったおまんこも少しゆるくなって、やっとテルさんのちんぽが全部入った。

「すごい・・・全部入っちゃった」

自分のおまんこが根元までテルさんの大きなちんぽを咥えこんでいるのをみると、信じられない気持ちでじーんとなる。

「入ったね。おまんこがきゅうきゅう吸いついてるよ・・・。」

テルさんは慎重に少しずつちんぽを動かしてくれて、私を最初からイかせてくれた。

テルさんにセックスの気持ちよさを教わった私は、他の男の人のちんぽも試してみたくなって、ワクワクメールで他の人ともエッチしてみたけど、はじめてエッチが一番気持ちよかったし、一番いいセックスだったと思う。

使用サイト:ワクワクメール

 

出会いが欲しい!あなたにおすすめの出会い系サイト

実生活でなかなか出会いが無いという方に人気の「出会い系サイトやアプリ」たち。

ネットの普及と共に現代的な出会いの場として認知され始め、出会い系を利用するユーザーは年々増えてきています。

特にここ数年でユーザーのニーズが多様化し、出会い系サイトやアプリの種類も爆発的に増えました。

ひとくちに出会い系といっても、サイトごとに「○○な人におすすめ」「○○な人向け」という特色が設定されているのです。

出会い系サイトやアプリを利用するなら、まずは自分が「どんな出会いを求めているのか」という目的を再確認しておくとよいでしょう。

どんな出会いを求めるかによって、利用すべき出会い系の種類が異なってくるからです。

特集ページでは出会い系を利用する主な目的を3タイプに分けてご紹介!

自分の目的がどのタイプに近いか確認して、最も適した出会い系サービスを見つける手助けにしてください。

目的別で選ぶ出会い系おすすめランキング

 
 

シェアをお願いします。